2011年01月08日

家康も食べた興津鯛とは・・ぶらり途中下車を見て

ある日、ぶらり途中下車を見てたら

レポーターは林家たい平でした(お初といってました)。

・・・足

それでその日は、東海道線をぶらり・・

だったんですが、

興津という駅を降りると、

家康や、昭和天皇も食べた事もある興津鯛というのがあるという事でした。

・・・・目なんでも、アマダイを焼いたものだそうですが

少し大きめで魚屋さんでもなかなか獲れず

年間で予約をしてもらって、やっと食べられるという事。

・・・

その魚というのが、魚屋にないので

近くの旅館なら食べられるという事で向かったのですが

予約が必要との事・・耳

でも、魚屋さんに教えてもらったというと
もしかしたら食べられると聞いて・・

言ってみると、食べられたんですね。

・・ああ、うらやましいふらふら

posted by れきひと at 11:44| Comment(0) | TrackBack(0) | 明治時代 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック



xva近現代史・幕藩体制から国際協調へ〜世界の中の日本
xvb記事ケンサク
xvc無料SEO対策ツール
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。