2009年05月03日

自由民権運動に参加し草案を作った人

自由民権運動を

支えているのは明治期から

あったその活動が

重要だった。


足板垣退助の片腕として

自由民権運動に参加し

その立場から民主的かつ急進的な

憲法草案を作ったのは

植木枝盛である。
posted by れきひと at 22:31| Comment(1) | 明治時代 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
用明天皇の第二皇子。母は欽明天皇の皇女・

穴穂部間人皇女(あなほべのはしひとのひめみこ)。
Posted by 聖徳太子の経歴、謎と諸説 at 2009年05月19日 17:15
コメントを書く
お名前:

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。



xva近現代史・幕藩体制から国際協調へ〜世界の中の日本
xvb記事ケンサク
xvc無料SEO対策ツール
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。